旅を愛しすぎたOLの明日から役に立たない旅ログ

旅を愛しすぎているOLの旅ログにようこそ。現在、地理検定勉強中。旅行の計画を立てている時が人生における至福の時間。そんな束の間の幸福を噛みしめるために、今日も私は働きます。仕事が忙しくて時間がない、計画を立てるのが苦手な方、旅の計画を立てて欲しいという方はお気軽にお問い合わせください。

【北海道】星野リゾートトマムの楽しみ方〜夏の朝編〜を一挙大公開!

前回、星野リゾートトマムの楽しみ方〜夏の夜編〜を紹介しました!

そこで今回は、夏の朝編を紹介していきます。

 

  • 雲海を見に行こう

トマムといえば雲海!というほど有名な観光地です。ゴンドラに乗って雲海を見ることのできる雲海テラスに行きます。

眠い目をこすりながら。朝の4:30には起床し、5:00にはゴンドラに乗車する列に並びました。

f:id:kaaanooo2:20200308101125j:image

この日は生憎の天気で、雲海を見ることはできませんでした...残念...

 

ですが、雲海テラスには他にもさまざまな楽しみ方があります!

先ずは、雲のゆうびんやさんを発見!水色のポストがきれいで、たくさんのお客さんがトマムオリジナルカードを送っていました。
f:id:kaaanooo2:20200308101143j:image

 

雲海も見れずすることがないので、雨の中、カッパを着て、山頂まで登っていきます。
f:id:kaaanooo2:20200308101147j:image

その道中、こんな可愛いスポットを見つけました。天気がよかったら、とてもいい写真が撮れそう!

 

雲海を見た後は、雄大な自然に囲まれた景観を眺め、滞在を楽しめる「ファームエリア」で遊びます。

 

  • ヤギの郵便屋さん

郵便屋さんの帽子を被ったヤギさんを見かけました。

ここで本当に郵便が出せるのか、お試しあれ!

f:id:kaaanooo2:20200308101131j:image

 

  • 牧草ベッド

牧草で作られたベッドに寝転がりながら過ごす、トマムでの心地よい時間を提案します。「牧草ベッド」では、牧草のふかふかな心地よさや香りなどを体験できます。なかなか都市部では体験することができない、大自然を生かした取り組みです。

トマムのHPで見た写真とは、かなり違ったのが残念です...

f:id:kaaanooo2:20200308101455j:image

 

  • 馬さん、牛さんと戯れよう!

馬さんや牛さんも見つけました〜

牧草もぐもぐタイムらしいです。

f:id:kaaanooo2:20200308101152j:image

そこら中に、うんちの山があって面白かったです笑
f:id:kaaanooo2:20200308101201j:image

 

  • 羊とお昼寝ハンモック

本物の羊を数えながら昼寝を楽しめるスポットです。ハンモックに寝転ぶと、羊と同じ目線で景観を楽しめます。

f:id:kaaanooo2:20200308101157j:image

羊を眺めながら、ゆったりした朝を愉しみます。
f:id:kaaanooo2:20200308101137j:image

 

  • 朝食をいただきます!

今回は、ビュッフェレストランの「森のレストラン ニニヌプリ」へ行ってきました。

f:id:kaaanooo2:20200318120955j:image

"開放的な森の中に佇むレストラン"というコンセプトらしく、店内は天井が高く、すべて鏡張りです。

f:id:kaaanooo2:20200318120952j:image

こちらのレストランの名物は、"なまら海鮮丼"!!!

いくら、サーモン、海老、明太子がお代わりし放題。これだけでトマムに来てよかったと、満足感は200点満点でございます。

f:id:kaaanooo2:20200318120958j:image

 

ちなみに、大食いな人のお皿がこちら(汚くてごめんなさい...)。

f:id:kaaanooo2:20200318122946j:image

海鮮だけでなく、グラタンやソーセージ、豚汁など種類が豊富で、ついつい食べ過ぎちゃいました。ちなみに、ここの豚汁は忘れられないほど絶品です!

 

部屋のテレビでは、レストランの混雑状況等も配信されているので、参考にしてみてください。

f:id:kaaanooo2:20200318125809j:image

 

今回は無料で楽しめるアクティビティを紹介しましたが、有料であれば、バギーやラフティング等もできるみたいです。

みなさんも、星野リゾートトマムで日常を忘れ、大自然の北海道を味わってみませんか?